コーチ紹介

Coaches LCS

LCSトレーニングメソッド
総合監修

Hideya MIyazuka

宮塚 英也

ロングディスタンス・トライアスロンの世界最高峰、アイアンマン・ハワイで、日本人としてただひとりトップ10入りを2度(1988年9位=日本人歴代最高位、1994年10位)成し遂げたレジェンドトライアスリート。国内でも全日本トライアスロン宮古島大会での4度の優勝(歴代最多勝利)など、圧倒的な強さを誇った。トライアスロンの実践的トレーニング研究の第一人者でもあり、選手時代から「宮塚英也スポーツ研究所」を主宰し、トレーニングプログラム開発、トレーニング理論の構築などに着手。2002年に現役引退後は、一般アスリートからトップ選手まで幅広い層のアスリートへのプログラム提供や、トレーニング指導を手がけており、指導者としてのキャリアも10年を超えている。

LCSでは、すべてのトレーニングセッション、セミナーにひとつの軸を通す、総合監修を担当。トライアスロン・トレーニングの実践的研究や指導を通じて蓄積してきたノウハウをLMSのトレーニングメソッドに惜しみなく注ぎ込んでいる。

1990、1992、1993、1996年 全日本トライアスロン宮古島大会 優勝

1988年 アイアンマン世界選手権(ハワイ) 9位

1994年 アイアンマン世界選手権(ハワイ) 10位

Yuya Fukaura

深浦 裕哉

ランニングセッション担当コーチ。ランニングチームHarriers(ハリアーズ)で多くの市民ランナーを指導してきた経験をもとに、分かりやすく・身になる実践的な指導を展開。持ちタイムを指標に、ランがグングン伸びていくのを体感させてくれる。現役トップアスリート(デュアスロン、トライアスロン)でもあり、デュアスロンでは、カーフマン・シリーズ6季連続ランク1位、日本選手権優勝、世界選手権での2度のトップ10入りなど、前人未踏の記録を打ち立ててきた。

日本体育協会公認陸上競技指導員

2012年デュアスロン日本チャンピオン、デュアスロン世界選手権10位

Hayato Ando

安藤 隼人

MTBやロードレース、トライアスロンのオリンピック選手や、競輪などトップアスリートへのコーチング実績が豊富な、プロフェッショナルコーチ。スマートコーチング主宰。LCSでは主にバイクトレーニングセッションの指導を担当。ペダリングのメカニズムや正しく力を発揮するボディコントロールといった基礎から、トライアスロンバイクでの実戦的なフォームづくりまで、理論的でスマートにバイクパフォーマンスを伸ばす方法を指導する。

鹿屋体育大学体育スポーツ過程修士卒業。鹿屋体育大学自転車競技部元主将。

1997年ASTC アジア・トライアスロン選手権日本代表選考大会

第13回天草国際トライアスロン大会(51.5km)ジュニア男子3位

日本体育協会認定自転車コーチ

Yu Inoue

井上 優

スイムセッション担当コーチ。学生時代からトップスイマーとして活躍し、日本体育大学在学時は競泳男子のキャプテンを務め、北島康介や中村礼子とともにチームの躍進に貢献。現役引退後、後進や市民スイマーを指導するコーチに転身した。自身、競泳1500m自由形などで数々の好成績を収めてきたほか、オープンウォータースイムのスペシャリストで、その経験に裏付けられた理論的な技術指導には定評がある。泳ぎの基礎からしっかり見直して、オープンウォーターでの実戦に強いスイマーへの生まれ変わりをサポート。

2008年日本選手権(オリンピック最終予選 )1500m自由形 4位

2009年オープンウォータージャパンオープン10km 3位

Takafumi Harada

原田 隆史

スイムセッション担当コーチ。高校、大学と駅伝競技で活躍し将来を嘱望されたランナーだったが、21歳の時にC型肝炎の発病により競技者活動の中断を余儀なくされる。闘病生活の中でトライアスロンと出会い、完治後、日本選手権やジャパンカップ、ITUコンチネンタルカップなど51.5kmのエリートレースを主戦場に闘うトップアスリートに。子どもたちにスポーツの楽しさを伝える「TOKYOかけっこクラブ」を主宰するなど、指導者としても幅広く活動している。LCSでは、大人から泳ぎ始めた人にも分かりやすく、納得して上達できる水泳指導が好評。

全国高校駅伝6位入賞、全九州高校駅伝優勝(5区区間賞)

帝京大学駅伝部・強化第1期生

ITU トライアスロン・コンチネンタルカップ・ソクチョウ大会(韓国)16位

Risa Miyasugi

宮杉 理紗

スイムセッション担当コーチ。学生時代からトップスイマーとして活躍、大学2年次にはオープンウォーターで北京オリンピック出場を目指す。現在はOWSの指導・普及を手がけるほか、ライフセーバーとしても活動。LCSでは、基本的な泳ぎの技術指導はもちろん、オープンウォータースイムに関する豊富な経験と知識をベースとするスイム指導が好評で、海でその成果を試すのが楽しみになるレッスンを展開します。自身も2014年の横浜国際トライアスロンで、トライアスロンデビューの予定。

早稲田大学大学院スポーツ科学研究科スポーツビジネスマネジメント専攻修了。

2005年オープンウォータースイミング・ジャパンオープン5km優勝

2006年湘南オープンウォータースイミング10km優勝

Naomi Takamine

高嶺 直美

スイムセッション担当コーチ。自身、トライアスロンの日本選手権で上位をうかがうレベルのエリートトライアスリートにして、後進の選手や、多くの市民アスリートの指導を手がけているアスリートコーチ。LCSでは主にビギナーも大歓迎のスイムセッションを担当、泳ぎの根幹となる身体の使い方やそのポイントを分かりやすく指導し、これからトライアスロンやOWSをはじめたい人はもちろん、中級者以上の泳ぎ直しにも最適と好評。トライアスロンのスイムパート(OWS)にそのまま活かせる実戦応用テクニックも教える。

2011年佐渡国際トライアスロン大会Bタイプ優勝

2012年東京都トライアスロン選手権優勝

2012年日本トライアスロン選手権16位

Tsutomu Yamada

山田 勉

パフォーマンスの向上はもちろん、身体のコンディションを整え、ケガ(故障)を防ぐトレーニングの在り方も提案できるランニングコーチ。2009年からフィットネスクラブでランニング・インストラクターとしてのキャリアをスタート。その後、パーソナルトレーナーとしても活躍の場を広げ、幅広い層の指導を手がける。自身もフルマラソンやウルトラ、トレイルラン、トライアスロンに参戦している。さまざまなツールを駆使しつつ、ビギナーから上級者まで、それぞれのレベルや特徴に合わせた指導が好評。